tayu-tauたゆたう【漂う】ふわふわと定まらない様子。浮遊する。

こうでなきゃイケナイなんて決めつけず。こころは、そこにあるがまま 浮かぶもの。
飾らない あるがままの自分でいられる、そんな服を作っています。 

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
こたえは ひとつじゃないんだ 08:47
 
山口では、紫陽花がぷりぷりに咲いているのをよく見かけました。
都会で見るよりも、もっともっとみずみずしくて。
花として咲いていることをとても喜んでいるように。

花は自分のために咲くわけではなく。
誰かのために咲くから美しいのだそうです。

自分のために働くこと。
そんな「ちから」は、たかが知れている。

けれども誰かをしあわせにしたり
目の前の人を笑わせたり楽しませたりする「ちから」って
すごい「ちから」だと私は思うのです。

なんて私は不幸なんだ、ついてないんだ・・・。
と嘆くことは簡単です。
そう思っちゃうとその「負のスパイラル」から抜けることは大変。

「目の前にいる人を楽しませる。
そのことに全力を尽くす。
それを仕事にしてる人が一番すごいんだ。
キミにそれが出来るかい?
どうしたら人を楽しませることが出来るか考えること。
どんな仕事にも通じること、毎日それを考えて生きてごらん」

そう教えてくれた社長さんがいました。
目が覚めました。

そしたら撮る写真も変わりました(最近気がついた)
以前は何か一つのものにフォーカスした写真が多かったけど。
最近は一歩下がったところから、全体の風景を撮ることが多くなりました。
意識してないようで。
脳は意識していたのでしょうかね?

自分の意識次第で世界は大きく広がります。
もしも、いま生きているその「地」が合わなければ。
思い切って「そと」へ飛び出してみたらよいと思います。
時には逃げたって構わないと私は思います。

頑張りすぎなくていい。

自分に無理しない。
無理させない。

もっと。
生きてることを楽しめばいい。

こたえはひとつじゃないんだよ。
こたえはキミしか知らないんだもの。
誰かの「こたえ」はもう捨ててしまおう。

紫陽花がやさしく揺れてそう言ってるみたいでした。



| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
たなばた 08:34
 

ちょうど、おじゃましているとき。
七夕さまでした。
毎年こうやってササに短冊をつるすのだそうです。
いいね!

わたしも書きました。
でも、お願いごとって本当はありません。
いま、これ以上ないってくらいにしあわせだから。
これ以上なにかを望んだらバチがあたりそうです(笑)
ただ日々に感謝、それのみです。

こんなお願いごとも!

「女子度があがりますように」って!

それって限りなく自分の匙かげんだよねー?
なんて言いながら書いたりするのが楽しいですよね。

今年の七夕は満月でしたね。
わたしはウィーンの隣に座り、見ましたよ。


| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
ばんごはん 二日目 11:09
 

お散歩から帰ってきたら晩ご飯。
あっちゃんのご飯は空想レシピ。

行ったことない国のお料理を空想しながら創るんだって。
天才!

トルコスパイスの肉だんご、おいしすぎて何回叫んだ!?
そして何個食べた!?
危険。
確実に育ってしまう・・・。

明日はそうめんパーティだって。
そうめんの限りないポテンシャルに気づく記念すべき一日になることを
このときの私達はまだ知るよしもなかった・・・。

ちょっと次回予告編っぽいー(笑)でしょ?
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
もちろん ここでも 11:02

 
キャッチボール。
なんだかキョシンヘイみたい(ラピュタの)

オーナーさんちの娘さんナコちゃんがいい腕してます。
中学生だけど、末恐ろしい(笑)


| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
ゆうがた さんぽ 10:51
 

教室が終わるのを階段の下でずっとまっているウィーンちゃん。
前を通るたびに「まだ?」と目をあけます。

もうちょっと まっててね。

そして念願の「ゆうがたさんぽ」
今日もひみつの道を教えてくれるみたい。
わくわくするようなこんな森の小道。



森の中ではノーリード。
じゆう って たのしい。
ね、ウィーンちゃん。



| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
だいどこあそび 09:51
 

はろー。
ぼく仁鶴ジュニア。
一緒にレモンジャムつくろうよ。
無農薬のおいしいレモンが手に入ったらしいよ。
んー、いい香り!





これ、はんこ教室の後に出すレモンムースの残りだって。
絞った後だけど、これもったいなくない?
せっかくの無農薬なんだしさー。
レモンピールかジャムつくろうよ!





というわけで、だいどこ(台所)使っていいよーと言ってもらってクッキング。
レモンジャムとピールの相の子できました。
きび砂糖とはちみつでことこと煮るだけ。
さすが無農薬、いやな後味が残りません。


パンや焼き菓子に入れるとおいしいよ。
私は帰ってからレモンパンを焼きました。
さわやかな夏の味がしました。

| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
ひとりあそび 09:37
 

教室のお手伝いは、終わった後のデザートのサーブだけ。
あとは自由時間なので。

こんなことして遊んでいます。



あれ?
なんかいる!



Yes, you can!
I am nikaku Jr.

雑貨・カントリーキッチンでみつけました。
身長は5センチ。
お顔は関西の上方落語会の巨匠・その名も笑福亭仁鶴さんにそっくり!

仁鶴ジュニアと撮影大会。
ひとりあそびは得意分野ですから。



| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
たびする こと 09:25

遠いと思っていた場所は
本当はすごく近かった

そのことに気づいたとき
少し震えた

遠い場所などない
遠いと思う心が
その場所をいっそう遠くする

行ってしまえば
なんて近かったのだと
震える心がそこにある

行ってしまえば
どんなに焦がれた地でも
そこは現実で
同じ時間と空気が流れている

それを当たり前だと思う?
私はなんだか不思議だーと感じる
そのことに心が震えて
すべてが愛おしく思えて
すべてを抱きしめたくなるんだ
 
| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
やさしさに つつまれたなら 09:09


カントリーキッチンのお家もお店もお庭も
すこしづつオーナーさんとアニキたちで作りあげたのですって。




だからでしょうか。
やさしさで包まれているような気がします。

どこにカメラを向けても。
やさしさで溢れている。




やっぱり。
むね いっぱい。






| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
夜があけて 08:54


おはよー。
ウィンちゃん!
お散歩いこっか。



イエス、OSANPO!
ワン!

オ・サ・ン・ポ
の言葉で耳がぴくんと動きます。
かわいい、ウィンちゃん。

大きなわんこは苦手な(怖い)私でしたが。
ウィンちゃんだけは特別です。

朝ごはんの前にお散歩。
1時間くらい歩きます。

「ウィンちゃん昨日と違う道を教えてね。」
そういうと本当に知らない道を歩いてくれます。
しっぽが嬉しそうに揺れています。




だいすきな田園風景。
私の苦手な騒音がいっさいなくて。
聴こえるのは。
風の通り抜ける音と鳥のさえずりだけ。

なんて贅沢なんだ。


| | comments(0) | trackbacks(0) | posted by tayutauhibi -
<< | 2/4 | >>